ナチュロルは嘔吐しやすいドッグフード!?事前に知りたいポイント

ナチュロル 原材料

世界初の安定・持続型ビタミンCを配合したドッグフードナチュロル

国産の牛肉・鶏肉・魚肉を使用したプレミアムフードです。

不要な人口添加物は不使用で安心して与える事ができます。

ナチュロル 嘔吐

良さそうな商品だけど嘔吐しやすい子でも食べれるか気になります。

吐く事の多いうちの子でも問題なさそうなら、試すメリットもありそうなんですけど・・・。

そんなナチュロルですが、嘔吐しやすいドッグフードなのでしょうか?

安心して与えられるのか調査してみました。

ナチュロルは嘔吐しやすいドッグフード?

ナチュロル 嘔吐

ナチュロルは他ドッグフードと比較して嘔吐をしにくいドッグフードだといえます。

犬の健康に良くない余計な人口添加物を使わず、原材料にこだわったナチュロルは消化にも優しいドッグフードです。

その理由は、穀物アレルギーによる嘔吐が起きにくいからです。

その他、消化に負担のかかかる原材料も使用していないことや、人口添加物を使用していない事も理由として挙げられます。

ナチュロルを与えて吐く理由

ではナチュロルを与えて吐くことがあるとすれば、どのような理由が考えられるのか調べてみました。

与えたドッグフードを吐く原因の中で、ナチュロルにも関係しそうなものとして

  • 早食いによる嘔吐
  • 急なエサ変えによる嘔吐
  • その他病気などによる嘔吐

このような原因が考えられます。

それぞれのポイントを見ていきましょう。

嘔吐の原因1:早食いをしてしまって吐く

ナチュロルは犬が好む動物性タンパク質を豊富に使用したドッグフードなので、食いつきが良いと評判です。

しかし、美味しいからと言ってバクバクと早く食べてしまうと嘔吐してしまう可能性もあります。

広めの皿にナチュロルを広げて与えたり、早食い防止のお皿を利用したりしてゆっくり食べられるような工夫をしましょう。

ナチュロル 嘔吐 吐く

多頭飼いをしている場合、他の犬にエサを取られないように無理やり急いで食べる事もあります。

焦って食べると吐き戻しや消化不良の原因になってしまいます。

多頭飼いの場合は落ち着いてゆっくり食べられるような環境作りを意識しましょう。

嘔吐の原因2:急なエサ変えで吐く

フードの急な切り替えは犬のお腹に負担をかけてしまい、嘔吐の原因になる事があります。

これまでのフードから急にナチュロルに切り替えるのではなく、少しずつナチュロルの割合を増やしていきながら切り替えましょう。

切り替えスピードは7日~10日のペーズでゆっくり切り替えていくのが良いと言われています。

 

ナチュロルへの切り替え方法▼
  • 1日目・・・これまでのフード90%:ナチュロル10%
  • 2日目・・・これまでのフード80%:ナチュロル20%
  • 3日目・・・これまでのフード70%:ナチュロル30%
  • 10日目・・・ナチュロル100%

嘔吐の原因3:アレルギー反応で吐く

ナチュロルのタンパク源は【牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉】と複数の食材をバランスよく配合しています。

タンパク源も他ドッグフードのように【チキンだけ】、【牛肉だけ】といったように偏りがないので、アレルギー反応も出にくいと言われています。

しかし、こういった反応が出る出ないは個体差もあるので、様子がおかしいようであれば獣医師に相談するようにしましょう。

ナチュロルのタンパク源でアレルギーが出やすいものは【鶏肉(チキン)・牛肉】の2種類です。

(馬肉は動物性タンパク質の中でも比較的アレルギー反応が出にくい食材と言われています)

ナチュロルを与えてみて嘔吐した場合は、その他にアレルギー反応が出ているかチェックしてみましょう。

アレルギー反応は嘔吐以外にも以下のような症状が見られます。

顔(眼・口の周り)、肛門周囲、わきの下、背中、手足の先の痒みや皮膚炎、および外耳炎(よく似た症状に犬アトピー性皮膚炎がありますが、こちらは背中に皮膚炎が出ることはありません)、慢性的で繰り返す下痢や嘔吐。その子によっては皮膚症状がなく、慢性的な下痢・軟便や嘔吐だけの時もあります。

その他の嘔吐原因

ナチュロルの早食いなどによって吐く場合は、フードがそのまま出てきます。

食べた時と形状もほとんど変わらないため、吐いた後も食べたりします。

しかし、嘔吐した物の色が赤かったり、コーヒー色になっている場合は注意が必要です。

病気の可能性もあるので、獣医師に相談をするようにしましょう。

まとめ

ナチュロルと嘔吐の関係性について調べてみたところ、嘔吐しにくいドッグフードであることが分かりました。

動物性タンパク質も1種類の物と比較して、分散しているナチュロルは安心できそうです。

当然アレルゲンとなる穀物は不使用なので、穀物アレルギーの愛犬にも安心して与える事ができます。

気になる方は早速ナチュロルを試してみましょう。

関連記事

新鮮生肉を55%使用した国産ドッグフード【ナチュロル】 世界初の安定・持続型ビタミンCを配合しています。 輸送する必要がないので、品質低下の心配もなく安心できます。 愛犬には長く健康でい[…]

ナチュロル 原材料 成分